1. TOP
  2. 扁桃腺摘出手術
  3. 扁桃腺摘出手術で体験した声への影響や後遺症~声は変わるか、いつ出るか~

扁桃腺摘出手術で体験した声への影響や後遺症~声は変わるか、いつ出るか~

講師業という人前で話す仕事をしていて、
・手術を受けてからどれくらいで声が出るのか

・手術の前後で声は変わるのかという点は、
とても気になったところでした。

仕事ができなければ売上も減少してしまいますから。

声を使った仕事でも、そうでなくても、声にどのような影響があるのかは、少なからず心配事として抱くことだと思います。

そこで、今回は扁桃腺摘出手術と声に焦点を当ててみます。

手術決定から退院までにどのようなことをするのか、一連の流れを把握したいとお考えの方は、私の手術の流れではありますが↓こちらの関連記事↓もご覧ください。

ただ、手術を受けたくない、いまのところ手術を受けるまでには至らないという方は、マヌカハニーで喉のケアを続けることをおススメします。

下のボタンをクリックすると、喉の殺菌に役立つマヌカハニーの詳細をご覧になれます。

 

扁桃腺摘出手術を受けて、いつ声が出るようになったのか

声が出るようになったのは手術から4日後でした。

ただ、しゃべれるようになるというよりも、かすかな声で意思を伝えられるくらいです。

その翌日になると、ほんの少しの時間ならば、ある程度の声が出るようになり、電話の相手からは、「思ったよりも声になっているね」というくらいの反応が返ってきたくらいです。

この変化には驚きましたが、それでも、自分の中では違和感ばかりがあり、腫れた口蓋垂が舌に張り付いたり、舌が腫れている分、滑舌が悪くなったりしていて、2~3分ほど話そうとしても、徐々に疲れもたまってきてしまいます。

もちろん、傷口から生じてくる痛みで、話をするのがつらいなという印象でした。

再手術を受けた後も、同じような発声の改善が見られまして、痛みや違和感は残る中、退院時には、ある程度、続けて話せるくらいに、声も戻ってきていました。

声帯の手術ではないので、空気の通り道さえ広がれば、声が出せるようになるのでしょう。

5693f5e05b0b1f320c3057b9cf105a6e_s

扁桃腺摘出手術で声が出ない理由

私の場合、手術直後は、使用する器具の圧迫などの影響で、口蓋垂(のどちんこ)や舌に腫れが生じて声が出ないという説明を受けました。

肺から空気を出しても、口蓋垂と舌の腫れで空気が通りにくくなるので、無理もありません。

また、全身麻酔の際に行う、気管挿管の影響で、少しですが声帯に負担がかかり、声枯れの症状も出ると麻酔科医から話を聞いていましたが、それも1週間程度で改善するだろうということでした。

口内の腫れの影響で声が出せない期間に、声帯への刺激も消えてきたようです。

扁桃腺摘出手術の後は、ゆっくり話すことをさらに意識

使っていない筋肉が衰えるように、声も舌も使わないと、パフォーマンスが落ちてきます。

焦りもあって、早口になってしまったことが、多々、ありましたし、早くしゃべってしまうと、腫れの残っている口蓋垂と舌がくっつくことも原因で、いわゆる「噛み噛み」になるわけです。

これを逆手にとって、声も舌も使いながら、パフォーマンスを上げると同時に、ゆっくりしゃべることで、口蓋垂の影響を抑えるように意識していました。

もともと、もっとゆっくりしゃべるよう、周囲からも念を押されていたので、私にとっては、ある意味、チャンスになったイメージです。

扁桃腺摘出手術を体験した後遺症で声は変化したのか、高くなったのか

かかりつけ医から聞いていた話では、「声は少し高くなる可能性がある」とのことでしたが、一方で、「余計なものがなくなるから、逆に声を出しやすくなるかもしれない」とも、説明を受けていました。

メリット・デメリットが混在している中、私の場合は、まったくと言っていいほど、変化はありませんで、退院直後でも、仕事仲間からも家族からも、「どこか変わったの?」と聞かれたくらいです。

術後の痛みや違和感を除けば、自分にとっては後者の説明の状況になっていました。

退院から2か月ほどすると、今度は、手術前に比べて、伸び伸びと声が出せるようになったねという反応もありました。

手術直後、退院直後は実感がわきませんでしたが、手術を受けてよかったなという印象が芽生えてきました。

扁桃腺摘出手術による声変わりを心配する声

声の変化について心配する人は多くいらっしゃるようで、質問サイトには、いろいろな相談が載せられていました。

わたしは、趣味で歌をやっているのですが、子供の頃から偏桃肥大で、たんがからんだりするので、手術で切ろうかと考えています。そこで気になるのが、歌声が今のまま変らないかということです。扁桃腺を切ると歌声はかわるのでしょうか?例えば、歌が下手になったり、声量が落ちたり、馬力のある声が出なくなったりしませんか?むしろ、声がもっと綺麗に出るようになったりするのでしょうか?経験のある方や聞いた話しでもいいので教えてください。教えて!goo
扁桃腺を切ると声が高くなるって聞いたことがあるんですが・・・、本当ですか?あと僕は、カラオケで高い声を出すと、すぐに声が嗄れちゃうんですが、扁桃腺の問題ってことも考えられますか?Yahoo!知恵袋

e99f45d9361259b242b77b180c4b2492_s

手術後に声が変化した事例に対する悩みも掲載されています。

4日程前に4歳の息子が扁桃腺とアデノイドの除去手術を受けました。本人は食欲もあり、痛みもほとんど感じていないようで手術前と変わり無く生活出来ています。ただ、声が以前よりかなり高くなってしまいました。私には女の子が話をしているように聞こえ、主人はヘリウムガスでも吸い込んだかのようだと言います。この声の変化は一時的なものなのでしょうか?主治医は咽の専門で、事前の説明をしっかりとしてくれましたが、術後の声の変化については特に話はありませんでした。次回の診察は6月の末です。どなたか経験者の方がいらっしゃいましたらお話をお聞かせいただけないでしょうか。YOMIURI ONLINE 「発言小町」

実のところ、自分も声の変化が心配だったので、かかりつけ医、執刀医の両者に、悩みをぶつけていました。

その他、同じように声を専門に仕事をする知人も、扁桃腺摘出手術を受けましたが、術前、術後の変化を心配して、医師に相談していたようです。

なお、音の高低が自分の価値に直結する可能性がある、歌手、声楽家に対しては、さらに注意が必要になりそうです。

声は、脳から送られた電気信号が声帯の振動で空気の波動に変換され、実際の音となります。この音は咽頭・口腔・鼻腔などの共鳴腔で響きが整えられ、人の耳に達することとなります。扁桃の存在する咽頭腔はその意味で、声を形成する重要な要素の一つです。声楽をやっておられる方が扁桃を摘出すると咽頭腔のスペースが広くなり、共鳴腔の性質が変化します。当然歌うときの声の質も変化して来る訳で、扁桃手術後の歌手の声は術前のそれとは響きが違います。その可能性を考えると、声楽を専門とする方には扁桃炎の治療として余り手術はお勧めしたくないところです。併せて保存的治療(薬や局所処置で治療することです)で充分コントロールできるとの耳鼻科医のご説明ですので、敢えて扁桃の手術に踏み切る理由は無いと思います。余り気を揉まなくとも、大丈夫ですから。三好耳鼻咽喉科クリニック 3443通信

声の変化に不安があって、できれば扁桃腺摘出手術を受けたくない場合はどうするか

声が変わってしまうかどうか、やってみないとわからない…。

扁桃腺のトラブルに困っていて、声に対する不安を抱く方ですと、できれば扁桃腺の摘出手術を受けたくないと考えると思います。

当初は、私もそうでした。

手術を先延ばしにする、できれば、自分自身によるケアで、扁桃腺のトラブルを抑え込めればとも思うでしょう。

対策として、一つ、ご提案するとしたら、私が手術を決めてから実施までの扁桃腺トラブル回避方法が考えられます。

扁桃腺摘出手術を受けた後も、自分の体調管理を図ろうと、続けていることでもあります。

あくまでも、私の体験談ですが、参考にしていただければ幸いです。

仕事のスタイルを見直し、扁桃腺トラブルの原因になりうる、体への負担を少なくする

高熱が頻繁に出るようになって、扁桃腺の摘出手術を決めたわけですが、即手術とか数日後に手術というわけにはいきません。

仕事のスケジュールや執刀医のスケジュール、手術室のスケジュールがありますからね。

体に負担がかかると、高熱が出るということがわかっていましたし、睡眠時間を確保できるように、自分の予定を調整するのもケアの1つでした。

そういうこともあって、扁桃腺を切除するまでの数か月、仕事の量も、少し抑えました。

例えば、手術実施を決める前は、ほぼ徹夜になったあと、さらに翌日にも、仕事を入れていたことがあります。

このような負担をかけると、39度の高熱が待ち構えていたことがほとんどでした。

そこで、仕事をする時間を、朝に集中してみたり、ちょっとした移動の間にできることはしてみたりと、いままで使っていなかった時間に、できることを動かしてみました。

特に、朝早い時間に仕事をしたときには、思ったよりも集中力が高まりスピードがあがったことが印象的でした。

ばい菌対策、保湿対策に、うがいや鼻うがいで喉・扁桃腺のケアをする

小さいころから風邪対策で言われていることが、実は、扁桃腺対策でも役に立ちました。

特に、乾燥している冬に外出先から帰ってきたら、必ず、うがいで喉を潤して、ばい菌対策をしていました。

ただ、私の場合、鼻うがいも、セットでやっていました。

鼻うがいは、普通の水やお湯でやると、頭がつーんとして痛いだけですので、市販されている専用の鼻洗浄液を使います。

鼻腔には、風邪などのトラブルを引き起こす花粉やハウスダスト、雑菌などが潜んでいるといわれていますが、これらを取り除いてくれるのが、鼻うがいです。

最初は抵抗があるとは思いますが、私の場合、継続してやっているうちに、鼻の中を洗浄液が流れるようすがわかるほど、落ち着いてできるようになりました。

体調管理の一環に、喉の殺菌に効果的といわれているはちみつ「マヌカハニー」を使う

頻繁に高熱を発するようになり、喉のダメージも大きくなったときに、友人が教えてくれたのが、マヌカハニーの存在でした。

このマヌカハニーは、健康食品として注目されていて、最近では、声を仕事にする人だけでなく、その他の仕事の方でも、体調を整えるために使っている人が増えています。

(マヌカハニーとは)

ハチミツの中でも抗菌力が高く、希少価値のあるマヌカハニー。マヌカとは、ニュージーランドにのみ自生するフトモモ科の低木です。マヌカの葉や樹皮から抽出されるオイルやハチミツは、特別な殺菌能力があるとされ、原住民族マオリ族は古来から風邪や傷の治療として珍重されてきました。マヌカの木は、春から秋にかけて白やピンクの可憐な花を咲かせます。その直径1~2cm程の小さな花から採れたハチミツが「マヌカハニー」なのです。現代ではオーストラリアやニュージーランドで医薬品として取り扱われているほど、効果効能が認められています。山田養蜂研究所

このマヌカハニーを手にした後、喉の違和感を覚えたことがあったのですが、医者に通える時間が取れるのは約1週間後…。

そこで、保管していたマヌカハニーを取り出し、スプーン1杯ほどを口に含んだところ、喉の痛みがひいたように感じたのです。

実際、その後の仕事で、喉の痛みが再発する場面はありませんでした。

また、どこで、風邪のもとをもらってきているかわかりませんし、周りに風邪で咳をする人が多いなと感じる場面に出くわしたら、仕事から帰ってきて、マヌカハニーを一口、そして、睡眠時間を確保して、喉や声を守るということを意識してきました。

喉の殺菌に役に立つはちみつ=マヌカハニーを選ぶポイントとは

そのマヌカハニーを選ぶ際、品質の高さを示す数値の1つに、MGO(天然メチルグリオキサール)と呼ばれるものの含有量があります。

MGOは、ケトンとアルデヒドの両方の性質を持っており、たんぱく質を変性させることから、強い抗菌活性作用を持っています。

さらに、MGOは、身体の恒常性維持のために積極的に引き起こされる細胞の更新、アポトーシスを誘導する役目を果たしているという研究発表もあり、マヌカハニーを口にすることで、細胞のコントロールにもつながるといってもいいでしょう。

このMGOの含有量によって、活性度の高さを示す活性強度の数値が産出され、MGOの数値が高くなると、活性強度の数値も高くなっていきます。

また、私が使用している製品「ストロングマヌカハニー」は、有用酵素類がそのままの状態で含まれ、開封・未開封に関わらず常温保存ができるとともに、賞味期限が存在しない1次産品です。

一旦、完売になると、同じ製品を入手することが困難で、完売した製品と同等の製品が採れた場合に限って、後継品として、世に出回ります。

量産品ではないので、貴重な一点もの、といった印象です。

数が少ないから定期購入で確保したいと考えるかもしれませんが、まずは、1つ手元に置いてみて、自分のペースで使ったほうがいいでしょう。

私がいまでも使っているストロングマヌカハニーは、【MGO860+】【活性強度31+】といった数値のもので、喉のケア、声の管理を丁寧にしっかりと行っていきたいと考えるならば、下のボタンをクリックして、一度、ご覧になってみてください。

 
何度も扁桃腺トラブルを経験しましたが、マヌカハニーのおかげで、仕事への負担、喉への負担を減らすことができました。

\ SNSでシェアしよう! /

講師110番の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

講師110番の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
扁桃腺摘出手術から退院後、声を守るためにしていること
退院してからしばらくは、痛みや違和感が残り、手術前の発声に戻ることはありませんでした。
不完全燃焼というか、理想に対するギャップを感じながらしゃべっていたのを覚えています。
ただ、それも時間が解決してくれて、徐々に、仕事でも十分使える声が戻ってきました。

一方、声の変化ついては、手術をやってみないとわからないところもあるかと思います。
しっかりと、医師と話し合って、手術をするかしないか、決めていただきたいです。

さて、今回の扁桃腺摘出手術は、喉や声に対する私の意識を高めてくれました。
声を守るためのケアには、入院前以上に気を遣うようになっています。

扁桃腺摘出手術から退院後すぐの食事はどうしたのか


医師からは、退院後の食生活についての指導がありました。
退院してから受ける診察で、医師の許可が出るまでは、辛いもの、固いもの、パサパサとしたパンなど、
手術部分に影響がありそうなものは、できるかぎり避けるよう指導を受けました。

いずれも、喉への負担が考えられるものです。

実際、辛いものだと気付かず、ほんの少し口にしたところ、傷口にしみてしまい、話すことも大変だったのを覚えています。
本来ならば控えないといけないのでしょうが、固いものを少し食べてみたところ、噛むのも大変、飲み込むのも大変でした。
お酒はできる限り控えるようにも言われました。

ちなみに、診察で食事制限が解除されてすぐに、パンを食べてみましたが、久しぶりということもあったのでしょうか、パサパサでしたので飲み込むのに一苦労でした。

扁桃腺摘出手術から退院後、声を守るためにどのようなケアを続けているのか


手術前から意識していた部分もありましたが、それに加えて、いつも安定した調子の声を出せるように、習慣で取り入れたものもあります。

声を守るだけではなく、体調管理にもつながるので、やっていてよかったなという印象です。
 

喉の保温・保湿に、暑い時期でもマスクやネックウォーマーを使う


寒い時期にマスクやネックウォーマーを使うのは、イメージしやすい、ですよね。
風邪の予防、寒さの遮断をしたいですから。

ただ、私の場合は、夏の暑い時期でも、こうしたグッズが手放せません。

夏になると、いたるところで冷房を使うこともあり、冷たい空気を吸い込んだときの刺激、首元から感じる寒さを抑える役目があるのです。
春や秋の朝晩など、思ったよりも気温が低いなと感じたときには、喉の保温・保湿グッズを身につけてでかけます。

天気予報の予想最高気温・最低気温も一つの目安になっていて、前日から、極端に気温が下がる場合は、気温差の影響を軽減する際に、保温・保湿グッズが大活躍してくれます。

おかげで、夏なのに寒いところを移動してからの現場でも、不安を抑えながら仕事をしています。
 

外出先で、違和感を覚えたときのために、携帯用のプロポリススプレーを使う


どんなに予防をしていても、仕事の際にはマスクもネックウォーマーも外しますし、その現場に、どのような体調の方が来ているのかは、すべてを把握しきれません。

必ずと言っていいほど、どこかで、風邪のもとに触れるわけです。

少し無理を続けて、体力が落ちているときには、現場がきっかけで風邪を引くことがありますし、喉に軽い違和感を覚えた状態で、仕事をすることも、もちろんあるわけです。

ただ、違和感を覚えた状態でケアもせずに仕事に臨むと、喉の痛みの増幅、声枯れのきっかけになりかねませんので、プロポリススプレーを喉に吹き付けてから話をするようにしています。

プロポリスとは、ミツバチが作り出す強い減菌力が特徴の産物で、代謝活動でも中心的な働きをするミネラル類や欠かすことできない栄養素であるビタミン類が豊富に含まれているといわれています。

あくまでも、私の体験談ですが、このプロポリスをスプレーを吹き付けると、痛みが抑えられた状態で話すことができ、喉の不安を抑え、声も、好調時に近い状態まで、戻すことができました。

お手軽な喉のケアをしていきたいと考えていたら、下のボタンをクリックしてもらうと、私の使っているプロポリス「プロフィット(スプレー)」の詳細をご覧いただけます。



私の同業者も、休憩時間に喉にスプレーできるよう、参加者から見えないよう、演台に置いているのを、しばしば見ています。

声を商売にする人の間では、愛用品・必須品の1つになっています。
 

自宅では、体調管理の一環として、マヌカハニーを使う


扁桃腺の摘出手術を受けた後は、サイズが小さいプロポリススプレーを持ち歩き、自宅では、マヌカハニーを使うようにしています。

手術を受ける前には、高熱が頻繁に出ていたので、現場へ持参することもありましたが、いまでは、高熱もピタッと止まったので、自宅用としてマヌカハニーを使用しています。

スプレーに比べると、少しサイズも大きくなりますし、重さもありますからね。

(マヌカハニーとは)
ハチミツの中でも抗菌力が高く、希少価値のあるマヌカハニー。マヌカとは、ニュージーランドにのみ自生するフトモモ科の低木です。マヌカの葉や樹皮から抽出されるオイルやハチミツは、特別な殺菌能力があるとされ、原住民族マオリ族は古来から風邪や傷の治療として珍重されてきました。マヌカの木は、春から秋にかけて白やピンクの可憐な花を咲かせます。その直径1~2cm程の小さな花から採れたハチミツが「マヌカハニー」なのです。現代ではオーストラリアやニュージーランドで医薬品として取り扱われているほど、効果効能が認められています。山田養蜂研究所

私の場合は、扁桃腺摘出手術後は、主に予防策として使っています。

手術を受けた後は、高熱がピタッと出なくなるので、「少しくらい無理をしても大丈夫」という感覚が出てきていました。

そのまま突っ走ることもできるのですが、それは喉や声に、負担を与えかねません。

どこで、風邪のもとをもらってきているかわかりませんし、周りに風邪で咳をする人が多いなと感じる場面に出くわしたら、仕事から帰ってきて、マヌカハニーを一口、そして、睡眠時間を確保して、喉や声を守るということを意識してきました。

そのマヌカハニーを選ぶ際、品質の高さを示す数値の1つに、MGO(天然メチルグリオキサール)と呼ばれるものの含有量があります。

MGOは、ケトンとアルデヒドの両方の性質を持っており、たんぱく質を変性させることから、強い抗菌活性作用を持っています。

さらに、MGOは、身体の恒常性維持のために積極的に引き起こされる細胞の更新、アポトーシスを誘導する役目を果たしているという研究発表もあり、マヌカハニーを口にすることで、細胞のコントロールにもつながるといってもいいでしょう。

このMGOの含有量によって、活性度の高さを示す活性強度の数値が産出され、MGOの数値が高くなると、活性強度の数値も高くなっていきます。

また、私が使用している製品「ストロングマヌカハニー」は、有用酵素類がそのままの状態で含まれ、開封・未開封に関わらず常温保存ができるとともに、賞味期限が存在しない1次産品です。

一旦、完売になると、同じ製品を入手することが困難で、完売した製品と同等の製品が採れた場合に限って、後継品として、世に出回ります。

量産品ではないので、貴重な一点もの、といった印象です。

数が少ないから定期購入で確保したいと考えるかもしれませんが、まずは、1つ手元に置いてみて、自分のペースで使ったほうがいいでしょう。

私が使っているストロングマヌカハニーは、【MGO860+】【活性強度31+】といった数値のもので、下のボタンをクリックすると詳細が載っていますので、喉のケア、声の管理を丁寧にしっかりと行っていきたいと考えるならば、一度、ご覧になってみてください。



マスクやネックウォーマー、プロポリスやマヌカハニーを使うことで、周囲の多くの人が風邪でダウンし、声が出にくい状況でも、私としては、安定して、仕事を続けることができています。

参考にしていただけると幸いです。
喉のケア マヌカハニーの詳細はコチラ

ライター紹介 ライター一覧

講師110番

講師110番

1998年から講師業を行う(男)。長く携わる講師業の中で出くわした、体調トラブルやその対処法を個人の体験からお伝えしていく。また、セミナー講師として、他セミナーに出席し感じた、人前仕事に大切なポイントも記述する。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 周りが風邪だらけでも喉の痛みを防いでくれたはちみつ「マヌカハニー」の食べ方とは

  • 使って便利だった!家族6人大家族の国内旅行 宿泊先のホテル予約サイト

  • 扁桃腺摘出手術で体験した再出血はいつ起きた?どれくらいの量?確率は?

  • 扁桃腺摘出手術で体験した声への影響や後遺症~声は変わるか、いつ出るか~

関連記事

  • 扁桃腺摘出手術~再出血・再手術も体験、術後の後遺症も~喉・声の大切さを再認識

  • 扁桃腺摘出手術で体験した再出血はいつ起きた?どれくらいの量?確率は?

  • 扁桃腺摘出、入院、再出血、再手術経験に基づく6つの注意点

  • 扁桃腺摘出手術を体験して払った入院~再出血~再手術~退院までの料金・費用、生命保険は使えたのか